私の勤めてるゲーセンに美奈という16歳の娘がバイトに来ました。

童顔で身長も145cm位、見た目は小学生みたいな子でした。

ミスが多く、注意するたびに泣きそうになる顔がSな私の心に火をつけました。

ある日の夕方、勤務を終えた美奈を店長室に呼びつけ、「美奈ちゃんはミスが多すぎるね・・・このままミスが減らなければ今月で辞めてもらう事になるよ」と告げました。

美奈は母子家庭の長女で、下に小学生の妹が2人います。

母親は病気がち(ひどい鬱)で生活保護を受けているため美奈の稼ぎが必要なので、クビになれない事情を私は知ってました。

「すみません店長・・・頑張ります・・・頑張りますから・・・クビにはしないで下さい・・・お願いします」

「でもね、美奈ちゃん・・・僕も店長としての立場もあるし、同じ時給で働いてる他のスタッフと比べると仕事が出来なさ過ぎたよね?」

「はぃ・・・すみません・・・」

「これまでも随分かばってきたけど、他のスタッフからも苦情が出てるしね・・・」

「すみません・・・でも、ここをクビになれば妹達は施設に入れなくなるし・・・困るんです」

「家庭の事情は分かるけど・・・これ以上はねぇ・・・。美奈ちゃんが僕の彼女とかだったら話は違うけどね・・・」

思いっきりパワハラをかましました。

「えっ!?」

「いや冗談だよ。だけどそのくらいに美奈ちゃんを庇うのも無理になってるって事だよ」

美奈がビックリするのも無理はありません。

私は40過ぎのオッサンで、美奈の母親より年上でした。

その月の終わり頃に美奈から話があると言われ、店の近所の居酒屋で話をする事になりました。

美奈は悩んだ挙げ句、私の彼女になると言い出しました。

16歳で家族の為にオヤジの彼女になる決意をした健気な美奈に、ドSな私は、「本気ならクビにはしないけど、俺の女になるなら何でも俺の言いなりになる覚悟はある?」と、鬼畜な質問をしました。

「はい・・・頑張ります」

美奈の怯える表情にドS心が燃え盛りました。

「美奈、何でも言うこと聞くんだな?」

「はい・・・」

「お前、処女か?」

「・・・」

「だんまりか・・・何でも言うこと聞くんじゃ無かったのか・・・」

「・・・」

「もういいや・・・約束守れないなら・・・やっぱり今月でクビだな・・・」

「ご、ごめんなさい・・・処女・・・です・・・」

「そっか処女か・・・めんどいな・・・ま~いいや、今からお前の処女もらうから・・・いいな!!」

「・・・は・・・い・・・」

美奈は涙を流しながら俯いてました。

居酒屋を早々に出て、私のマンションに美奈を連れ込みました。

命令して美奈に自ら服を脱がせて全裸にすると、小柄で華奢な体なのに胸は大きく、そのアンバランスな体に興奮しました。

30分位フェラをさせた後、美奈を仰向けに寝させて、「処女マンコを犯して下さい」と言わせてから生で挿入。

かなり痛がりましたが、構わす突きまくり処女マンコに中出し。

美奈はめでたく女になりました。