7、8年前、建設現場事務所で仕事中。

車両の誘導員として来ていた19歳の女の子がいた。

その日はたまたま早い時間に誰も居なくなり、事務所に俺一人。

現場も大した作業が無く、その娘が最後の戸締りをして事務所に報告に来た。

「戸締り終了です。皆帰りました」

「お疲れさん。缶コーヒーでも飲んでけよ」

「ありがとう!寒かったんだぁ」

そんなやりとりをして、女の子があがってきた。

U子:19歳、148cm、幼児体形、Bカップ位。

モンチッチ顔、ショートカット。

顔は日焼けして黒かったが愛嬌があり可愛かった。

首から下は真っ白。

U子「バス時間まで居てもいい?」

私「いいよ。雑誌でも読んでるかい?」

U子「おしゃべりしたいな。忙しい?」

両手で缶コーヒーを持ち、上目遣いで言われたら仕事なんてしてられません。

U子「監督さんってどんな仕事してるの?」

私「◯◯が××で△が■なのさ」

U子「へぇ、大変なんだね。夜も遅いんでしょ?彼女いるの?」

ふと気がついたら、左斜め後ろ、7時の方向から体を密着させ、肩にアゴを乗せるという高等戦術をとられていた。

私「彼女作る暇ないなぁ。しばらく独りだよ」

仕事場だったこともあり、そこでナニかするなんて頭になかったもので、スルーするつもりで肩をかわしたら、愛嬌のある顔が私の顔の真横に・・・。

年上の余裕のつもりで目を合わせたら・・・潤んでました・・・。

ふっと目を閉じられ、『ねぇ~ん』の体勢。

私の負けです。

19歳のやぁらかい唇に軽くキス、キス、キス、ねっとりキス。

U子の腕が首に回され、ねぇぇぇぇっとりとキス。

「フフッ」と極上の笑顔。

ギアが一つあがるぅううう。

たまらなくなり、膝の上に抱き寄せ、服を着たまま対面座位の体勢へ。

私「可愛い顔してると、やっちゃうぞ」

にこぉぉっとして抱きついてきて、耳元で・・・。

U子「いいよ」

そう言うやいなや愚息に手を伸ばすU子。

ズボンの上からサスサスサス・・・。

指先でツツーっと。

興奮しすぎの私は暴発を恐れ・・・。

私「ご無沙汰なもんで早いかもしれない。(嘘つきです)してくれる?」

U子「うん」

デスクの下で愚息は破裂しそうな程になり、柔らかなU子の唇に包まれていきます。

柔らかで温かなU子の唇の感触、舌を尖らせて上から下へ這わせたり、広げた舌でねっとりと舐めあげたり、「くっ」と声がこぼれてしまう程の快感。

歯を喰いしばる私の顔を見たU子と目が合うと「ニッ」っと笑い、袋をパクッと。

私「はぁっ」

我ながら情け無い声が出てしまい、U子はますます張り切ってレロレロ、ジュップ、ジュップと・・・。

私「げ、限界・・・。イクよ・・・」

さらに激しさを増すU子の口に自分でも驚く量のザーメンを発射。

U子はU子で全部飲むつもりなのか愚息を口から離さず。

最後の脈動が終わったところで根元からしごき出し、吸い取り、一滴残らず絞り取られました。

私「次は俺の番ね」

U子を打ち合わせテーブルに寝かせ、野暮ったい制服を脱がせていく。

交通誘導員の制服なんで色気ないこと・・・。

下着姿になったU子は実は色白なことが判明。

10代らしいふっくらした体つき。

幼さが残る体形に少しがっかりしつつも妙な興奮が湧き上がる。

俺はロリータに目覚めたかも・・・。

キスしながら下着を脱がし、ピンクの乳輪を指でなぞり、乳首を摘むと、「ハァ・・・」と漏れる声。

萌え。

指先で谷間からヘソ、ワレメまで撫で下ろす。

(ワレメ?パイパンかよっ!)

頭の中は白くなりつつ、パイパンに手をあわせ、いただきます。

ゆっくりと膝を割り、出てきたのはふっくらとした白い土手とピンクのクレバス。

少し光るものが垂れてます。

太ももを抱え、柔らかいソコにキス。

遠くで声が聞こえます。

クレバスの上から舌を差し込み、クリの上からくりくりと。

U子に頭を押さえつけられました。

洞窟から湧き水を掬い上げ、舌の先でクリをつるつると。

背中が仰け反ります。

皮を剥いて露出させたクリを舐め回し、吸い付き、突付き、してるうちに何度かイッたようです。

立ちバックの姿勢にして、アナルまで丹念に愛撫。

経験がなかったようで、「えぇぇ!」と言ってましたが無視しました。

皺の一本一本までくらいの丁寧さで舐め、舌を突入させようとした途端・・・。

U子「それはイヤっ!」

諦めましたが、愚息は回復どころか1.5倍増量中(当社比)。

U子を再び机に寝かせ、「冷たい」と言った何気ない一言に人らしさは吹き飛び、獣のように私も机に飛び乗り、入口で愚息を寸止め。

愚息の先でU子のクリをぐりぐり。

入口周辺をさわさわ。

U子「焦らさないで・・・」

この一言を待ってたのよ。

ゆっくりとふかぁぁぁく挿入。

狭く、柔らかく、温かいU子の中。

動かないまま抱き合いつつキス。

(日焼けした黒い顔の下にこれだけの体があったなんて、なんかの果物みたいな女だな)とか思いつつ、ゆっくりと動く。

U子の声に艶が増し、私の背中に爪が喰い込む。

改めて顔をみると結構な童顔。

私「本当に19だよな?」

間抜けな質問をする私。

U子「うん・・・うん・・・」

本人がそうだと言うのだからそうなんだろう。

最中に余計な事を考えていたのは決して早漏対策では無いはずだ。

下から頭を抱き寄せられ、耳元で良い声を聞かせられ、足で腰を押さえられ、身動きしずらくなり、背中に汗がにじむ頃、私も限界が近くなる。

私「イッてもいいかな?」

U子「イッて・・・イッて・・・いい・・・よ・・・」

私「中でイッていい?」

U子「出して、いっぱいだして・・・」

AVの見過ぎだよと思う私も同じ穴のなんとか。

奥まで突き上げ、一番深いとこで発射。

ビクン、ビクンと2回目とは思えない量。

脈動が心地いいのか離してくれないU子。

「気持ち善かったぁ」とティッシュの山を作るU子。

「俺も」と私もティッシュで磨きをかける。

U子「まだ小さくならないね」

私「U子が良かったからね。しばらく忘れられないくらい」

U子「ホント?」

私「ほんと。まだしたいくらいだわ」

U子「・・・いいよ」

私「え?」

U子「・・・しよっ・・・」

私「ハイ」

ということになりまして。

さすがに事務所では膝と肘が痛くなったので、近場のホテルへ直行。

愚息が擦り切れるまで擦ってました。