ハローワークで求人検索をしていると、隣にとても良い香りがする女性が座ってきた。

当然、顔を見ることは出来なかったが、とてつもなく甘くて妖艶な匂いがしてきた。

首を横に向けることは出来ないが、目だけ何とか無理やりその女性の方に向けてみた。

若く、どちらかと言うとお色気ムンムンの人だった。

顔は見えなかったが、セクシーなヒラヒラした服を着ている女性だった。

その匂いで急にムラムラきてしまい、もう求人検索どころではなくなった。

しかし、その女性はそんなに長くはその場におらず、席を立ってしまった。

“せめて顔だけでも”と思い、相手が立った瞬間に顔だけ確認した。

まぁ結構可愛かった。

とりあえずこの性欲を発散させようと思って風俗へ向かう。

ただのピンサロやデリヘルではあまり可愛い子に当たらないと思ったので、料金は高めだがホテヘルサービスの店に向かった。

ヘルスなんだが、少し上質な女の子が売りなのだ。

お店で受付を済ませ、その後女の子が出てきたらホテルまで歩いて行って、その間恋人気分を味わうというもの。

お店で受付を済ませると、なんとビックリ。

先ほどハローワークにいた妖艶は女性ではないか!

もちろん顔も同じ。

そして先ほどの甘い匂い。

偶然に驚きつつも、ラッキーだと思ってめちゃくちゃ興奮した。

ハローワークで見たことは歩いている時には伝えず、ホテルで服を脱いでいる時に・・・。

俺「さっきハローワークにいたよね?」

嬢「え?何の事ですか?」

俺「いやいや、さっき◯◯ハローワークの◯番の椅子にいましたよね?」

すると沈黙。

嬢「うん、いたよ。よく分かったね。あの時いたの?」

俺「隣の席に座っていた。これからもハローワークに行ったら◯◯ちゃんに会えるのかもね」

嬢「お願いがあるの。今日はちゃんとサービスするから、次からあたしを指名しないでくれる?この業界・・って言うか、私、あまりプライベートを知られた人にサービスしたくないの・・・」

俺「それは俺が決めることだよね?◯◯ちゃん可愛いし指名するよ。またハローワークで会ったら今度は声を掛けるかも」

嬢「それは絶対やめて。私、無視するよ」

俺「あ、そう。お客にそんなこと言うんだ」

こんな感じの会話が続いていた。

知っての通り、ホテヘルと言ってもヘルスなので本番は無し。

俺「じゃ、本番やらせてくれたらもう2度と指名しないし、どこかで会っても声かけない。これでどう?」

すると、しばらく嬢は黙った。

嬢「分かった。その代わりちゃんとゴム付けてね?」

よし、これは最高の展開だ。

こんな可愛い子、そう出会えない。

ホテヘルは可愛さが売りなので最高のセックスが出来ると期待した。

それからは嬢をベッドへ押し倒し、エッチ出来る事が分かっていたので、終始こっちは興奮気味で攻めまくっていた。

すると最初のキスや胸を触っている時は良かったが、挿入しようと足を広げると嬢の足が震えていた。

俺「どうしたの?そんなに震えて?」

返事はなかった。

まぁ気にせず挿入。

するとなかなか入らない。

指入れて、なんとか濡らせて再度挿入。

これがまた凄い締まりの良さ。

嬢は顔を押さえて、「あぁ!」と声を出している。

どうやらあまり経験がないようだった。

俺「もしかして◯◯ちゃん、あんまりした事ないんじゃないの?」

そう言いながらガシガシ突いていく。

喘いでいてまともに声も出せないようだ。

このホテヘル、少し高いが可愛さと素人を売りにしているので、中には大学生の小遣い稼ぎも結構いるらしい。

声も出せずに、まるで初めてセックスした女の子のように、ひたすら感じて目を瞑って終わるのをじっと耐えているような感じだった。

それから正常位、バック、寝バック、立バック、対面座位。

出来ることを全てやった。

最後は正常位でぎゅっと抱き締めて、「じゃあイクね」って力いっぱい突いて中で果てた。

もちろんゴムはしていたが。

セックスした後にちょっと打ち解けてきて、嬢が少し話してくれた。

どうやら嬢は大手会社に勤めていて、ここは小遣い稼ぎで来ていたらしい。

ハローワークに来ていたのは、社内のセクハラが酷くて転職を考えてたらしい。

嬢が1人でシャワーを浴びている間に携帯の連絡先を赤外線で自分の携帯に送り、その後も連絡を取っている。

最初は嫌がっていたが、セックスが満更嫌でもなかったらしく、今ではセフレになっている。