俺が某サイトで知り合ってヤった話。

俺、現在24歳。

身長175cm、細身。

会社ではシャレMENで通ってる。

最初は俺が22歳の時のサチ。

この子はそのサイトでメッセ送ったらあっさり返信来た。

ただ俺のメッセは案外簡単で『良かったら仲良くしてくださいー!』とかの一言。

長過ぎたり、変に語ったりするのは女の子は引いちゃうらしい。

んで、メッセで2、3通やりとりした後。

俺「メッセ、めんどくない?」

サチ「そう?」

俺「直メにしよ!」

サチ「じゃぁ◯◯◯に送って!」

あっさりアドゲット。

んで直メで何通かやりとりするんだけど、年下を落とすときの鉄則として、俺には攻略ルートがある。

それは、“お兄ちゃん”になること。

相手にそれっぽい上手いこと言って尊敬させる。

ちなみに、相手になんか悩みがあると尚更楽勝。

それが恋愛の悩みでも関係ない。

サチは演劇系の学校に通う18歳の女の子で、自分の将来に悩んでいるらしい。

そこに俺は、それっぽい助言をしまくった。

それ以来サチは俺を、「お兄ちゃん」と呼ぶようになった。

ここまで来たら、後は会うだけ。

電話で軽く話して、知り合ってから1週間で難なく会う約束までこぎつけた。

んで当日。

季節は夏で、暑い暑い。

ちなみに会う前に、すでに一人暮らしの俺の家って決まってた。

案外女の子は、面白い漫画や映画があるとか言うと、あっさり家行きOK!ってなる。

んで、俺んちの最寄りの駅で待ってるとサチが来た!

サチはタンクトップにロンスカだった。

谷間めっちゃ見える巨乳!

来た!当たりや!

顔はAKBの峯岸みなみを美人にしたみたいな感じだった。

もう胸をチラチラ見過ぎてたわ。

サチは性格的には明るいけど、キャッキャッしてない感じ。

んで速攻俺ん家に。

部屋は片付けといたから、準備はオッケー。

とりあえず2人で話。

結構サチはボディータッチが多いから、楽勝ムードがムンムンだった。

俺がノリで胸触っても、「やー、お兄ちゃんエッチ」とか「もう!なんで胸なの!」とか笑いながら言ってた。

触って胸は推定Eって判明したわ。

んで何回かタッチするうちに、本格的に揉みだす俺。

サチも流れに任せるようになった。

ホント、この子に関しては、エロに行くまでがスムーズ過ぎてビックリした。

会って2時間くらい?

たぶん向こうもそのつもりだったと思う。

キスして服脱がして、Eカップを揉みまくった。

18歳の胸は半端なく触り心地が良い。

もうここまでいったら止まらない俺。

乳首に吸い付いてました\(^O^)/

乳首は大きすぎず小さすぎずで調度良いバランス。

ベロで舐める度に俺をギュッてしてきて甘く喘ぐサチ。

時たま言う「お兄ちゃん」に激萌。

その勢いでサチの股に手を伸ばす。

おッッ!めっちゃ濡れてる!

サチは結構濡れやすいみたい。

直接触って、中とクリを刺激。

サチは小さい声でアンアン言うタイプみたいで、耳元で漏れる吐息と混ざってエロ半端無いっ。

ある程度前戯終えたとこで、ベッドに移動。

はい、フェラです。

でもサチはフェラはあんまり上手くなかった(´Д`)

ちょっと物足りなかったから、フェラはあんまり長くはやらなかったです。

いよいよ挿入!

ゴムはもち付けるよ。

もうガンガン濡れてたから、ヌポッてあっさり入った。

その時、衝撃が俺に走った!

サチ締まり良すぎー!!!

俺のジョニーを掴んで離しません。

俺、早漏ではないんだけど、サチの花園にはコントロールが狂いそうになった。

濡れのとろみがそれをさらに良くしてて、激しく動きたい俺を止める。

でもここで負けたら男がすたる!

俺は徐々に動きを速くしだした。

サチはもう感じまくってて、あの小さかった喘ぎが倍くらい大きくなってた。

正常位から騎乗位に変わり、下から見るEカップのたわわに実った巨乳がたまりません(´∀`)

ゆっさゆっさ、上下に動くサチに合わせて躍ってます。

それ見たらもう揉むしかなかった。

回すように果実を揉みほぐす俺。

サチの動きも勢いが増して凄かった。

騎乗位→バック&寝バック。

サチの花園に慣れ、バックでガンガン突きまくってるとついにサチが・・・。

サチ「あ、・・・ヤバい・・・ヤバいよ、お兄ちゃん!」

俺「ん?」

サチ「そんな、は、激しいのは・・・」

俺「どした?」

サチ「・・・いっ・・・」

俺「聞こえないよー」

サチ「・・・イッちゃいそう・・・」

それ聞いた瞬間、俺の快速電車は特急に変わりました。

サチの喘ぎが最高潮に達して、サチはピクンピクンなってました。

よし、そろそろフィニッシュすっかぁーって再び正常位に。

残りの体力でガンガンに突いてやりました。

サチは一回イッてるからもう感度がヤバいらしく・・・。

サチ「お兄ちゃん、これ以上はヤバいって!あっ・・・」

もう体がめっちゃ熱かった。

んでようやく俺もフィニッシュして、2人とも重なったまんまハァハァ言ってた。

サチとはその後何回か会って、会うたびヤッたけど、ある日サチが、「お兄ちゃん、私と付き合う気ないでしょ?」って言ってきたから、「んー、今は誰とも・・・」って感じで流してたら遊んでくれなくなっちゃいました(笑)